レインボー・グリーンキャンペーン

  • HOME
  •  >> 
  • レインボー・グリーンキャンペーン

「人にやさしく」ありたい ー 啓発活動に力を入れるレインボーコンタクト ー

全国で1500〜1800万人がコンタクトレンズを使用

コンタクトレンズを使用している人は全国で約1500〜1800万人(日本眼科学会発表)いるといわれています。この数字は日本人の約8人に1人にあたります。そして驚くべきことは、そのうちの10人に1人の割合で、何らかの眼障害を抱えていると推測されていることです。

眼障害はソフトレンズの普及とともに増加している

この背景には、コンタクトレンズが高度管理医療機器だという認識が十分に浸透しておらず、正しい使い方やレンズのケア、そして、定期検査がしっかり受けられていないことがあるようです。
もちろん、これらに関する情報が、使用している方々に十分に発信されていないことも原因に挙げられています。

「安全面」ではハードコンタクトのほうが優れている

コンタクトレンズには、一般的にハードレンズとソフトレンズにわかれますが、安全性はハードレンズの方が優れているといわれています。
その理由は、ハードの場合、目に異物感があるとすぐに気づくため、障害が起きても重症化しにくい傾向があるからです。

これに対してソフトレンズの特長は、初めてつけた方でもつけ心地がよいというのが最大のポイントでしょう。しかしこの装用しやすさがかえってあだとなり、眼障害が起きても気づきにくくなってしまうのです。さらには、痛みを感じ始めたときにはすでに重症化しているケースが多いのです。

「グリーンキャンペーン」という名の啓発活動

レインボーコンタクトでは2010年春からグリーンキャンペーンの名で啓発活動を始めました。レインボーはハードレンズのメーカーですが、ハード・ソフトの枠を超えてコンタクトレンズを使っていらっしゃる方々に、目の健康を中心とした正しい知識をお伝えしていかなくてはならないと考えたからです。

「人にやさしくありたい」というスローガンのもと、少しでも眼障害を減らすことに貢献できるよう取り組んでまいります。

  • 信頼の証 ISO 13485 レインボーは、医療機器品質マネジメントシステム国際規格の認証をいただいています
  • RAINBOW GREEN CAMPAIGN グリーン  キャンペーン
  • モイストワンプラス取扱施設一覧