人にやさしくありたいから、瞳へのやさしさにこだわります。

健康な瞳のために

コンタクトレンズと眼の関わりを知ろう

コンクタトレンズは涙の層に浮かんでいるのです。

コンタクトレンズは目に直接触れていると思う方が多いようですが、実は目=角膜に直接ふれているわけではありません。
詳しく説明しますと、角膜の表面は薄い涙の層で覆われており、その上に浮かぶように乗っているのです。

角膜が“呼吸している”って知っていましたか。

呼吸している”というと、誤解を招いてしまいますが、正確に表現すると角膜は“酸素を必要としている”のです。
人間のカラダは、血管を通じて酸素を各所に届けていますが、実は角膜には血管がなく、目に必要な酸素や栄養分を涙を介して取り入れています。

そのようなことから、目を健康に保つには“涙”が欠かせません。
よく、「目が乾いた感じがする」とか「レンズが目に貼りついているみたい・・・」という方がいらっしゃいますが、もしかするとドライアイ気味になっているかもしれません。

涙の量や質にも個人差がありますので、ドライアイかどうか心配な方は、眼科医で「涙液検査」をしてみたほうがよいかもしれませんね。

涙液交換に優れるコンタクトレンズは目の健康を守ります。

コンタクトレンズと角膜の間に、涙の層があることは前に説明しましたが、コンタクトレンズと角膜のわずかな隙間から涙が入り込み、瞬きの際に涙が入れ替わります。これが涙液交換です。

最近はこの涙液交換をより良くするためにレンズの形状を複雑な角膜のカーブに近づけてデザインするなど、目の健康を守るために、さまざまな工夫が施されています。

複雑な角膜カーブに沿ってデザインされたレンズのことを非球面レンズと呼びますが、これは涙液の交換にとても優れ、一日中みずみずしさが続きます。常にうるおった状態のおかげで、角膜に酸素がたっぷり供給され、快適なつけ心地が続くというわけです。

※装用感には個人差があります。

  • 健康な瞳のために
  • コンタクトレンズと目の関わりを知ろう
  • ハードレンズがソフトレンズより「安全」という理由は、素材の違いにあります
  • コンタクトレンズの「つけっ放し」と「汚れ」は大敵です